機能性表示マスター講座-次世代の健康食品ビジネスの管理者になる!-

夏季休業のお知らせ

平素はYDCのeラーニングをご利用頂き、誠にありがとうございます。
当事務局では、誠に勝手ながら下記の期日を夏期休業とさせて頂きます。

2022年8月11日(木)~2022年8月15日(月)
※2022年8月16日(火) 午前9時00分から平常通り営業いたします。

この期間中、新規受講のお申込みにつきましては、クレジットカードでお支払いされる場合に限り、いつでも受講開始が可能です。銀行振込によるお支払や、請求書払いにつきましては、8/16(火)以降、ご入金を確認したものから順次対応させていただきます。

また、各種お問い合わせにつきましても、同じく、8/16(火)以降、受付順にご対応させていただきます。

何かとご不便をお掛けし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力をくださいます様お願い申し上げます。

機能性表示マスター講座とは

機能性表示食品の届出実績をベースにしたマスター育成講座

機能性表示マスターがいるだけで、届出受理はスムースに

現在、健康食品ビジネスで効果効能をそのまま広告する事は出来ません。

そして、広告規制は日増しに厳しくなるつつある中、機能性表示食品制度の出現は届出が受理されることで、効果効能を機能性という形で消費者に伝えられる手段として注目されています。

今、メーカーはこの機能性表示食品の受理のため様々な試行錯誤を繰り返し、新たなビジネスチャンスを掴もうと必死です。

機能性表示マスター講座は薬事法ドットコムグループの届出実績をベースに実践に基づいた届出制度のノウハウをEラーニングで習得できる資格試験講座です。

機能性表示管理者

機能性表示マスター講座によって取得できる「機能性表示管理者」とは、機能性表示食品ビジネスにおける届出事務手続きから販売までの全てを理解しマスターした資格管理者です。 
機能性表示食品は-消費者庁の食品表示法をベースに広告上、健康食品の機能性を表示できる制度です。
しかし、この届出受理までには、医学雑誌に掲載されるレベルの論文を見極める知識が必要である一方で、営業や広告部門が考えるパッケージや表示機能の文言まで、全てを理解した上で事前に届け出る必要があり、受理までには、幅広い知識と経験が要求されます。
機能性表示管理者はこれらを社内部署に関係なく、全ての知識と受理までのノウハウを習得をすることで、マーケティングから学術研究部門までのコーディネートと消費者庁の受理までを円滑にコーディネートできる人材育成資格のことです。

機能性表示食品の届出受理を成功させる
「2つの要素」

機能性表示食品として、商品を届出受理させるため、消費者庁の規定通りに商品設計をしてもその商品は売れるものにはなりません。
一方で、科学的根拠に基づかない表示機能をいくら押しても消費者庁はその商品の届出を受理することは永遠にありません。
機能性表示食品ビジネスには、この2つの制約を深く理解した者が健康食品ビジネスを制すると言われています。
その具体的ヒントが下図のような形になります。

機能性表示管理者に必要とされる2つの知識バランス

届出規制の判断とビジネスチャンス

Eラーニングセミナーのご紹介MOVIE

ナビゲーター:林田学

機能性表示マスター講座受講者の声

開発部でチームリーダーを任されるようになりました。

受理されなかった商品がとうとう機能性として受理された!

健康食品メーカー企画 橋本駿様
薬事法管理者の資格が非常に役立ったので、機能性表示マスターを現在お試し版で受講しています。 私自身は営業と研究開発部の間に立つような立場なので、受講して届出のためのプロセスが分ったことが良かったと思います。 また、販売戦略やこの制度の重要性が今頃になってよく分かりました。 広告表現については、当局の規制が厳しくなる中で、当局のお墨付きが貰える機能性表示食品制度をどうビジネス展開するかは経験や知識が必要で、他のメーカーと同じものをとるのは簡単ですが、自社独自の機能性表示食品を作って、ビジネス戦略を考える上でかなり役立つ情報が詰まっています。

受講中の知識が、営業戦略に活かせました。

自社独自の機能性表示食品を作って、他社と差を付けられた!

健康食品メーカー開発 浦谷佳孝様
薬事法管理者の資格が非常に役立ったので、機能性表示マスターを現在お試し版で受講しています。 私自身は営業と研究開発部の間に立つような立場なので、受講して届出のためのプロセスが分ったことが良かったと思います。 また、販売戦略やこの制度の重要性が今頃になってよく分かりました。 広告表現については、当局の規制が厳しくなる中で、当局のお墨付きが貰える機能性表示食品制度をどうビジネス展開するかは経験や知識が必要で、他のメーカーと同じものをとるのは簡単ですが、自社独自の機能性表示食品を作って、ビジネス戦略を考える上でかなり役立つ情報が詰まっています。

機能性表示マスター講座のご案内

機能性表示講座について

受講方式

Webブラウザによるeラーニング方式
(スマートフォン対応)

受講期間

料金お支払日より1年(365日間)有効

主な受講内容

講座PDF、動画、小テスト、資格試験※
※資格試験は任意での実施(初回のみ無料)

受講価格

・受講料金:税込60,000円(365日有効)※
・受講延長:税込10,000円(365日延長)
・支払方法:銀行振込、クレジットカード

※初年受講料には入会金、資格試験(1回)を含む。
請求書払いにも対応しております。

講座の流れ

機能性表示マスター講座は1年間の講座受講が基本となり、希望者のみ追加で資格を取得することもできます。

機能性表示マスター講座とは

機能性表示マスター講座は、インターネットブラウザを使いご自宅や外出先など、働きながらでも受講することが可能です。リニューアル後はスマホでも利用できるようになり更に便利になりました。
講座は実践に基づきポイントを集約しているので、誰でも簡単にしかも専門的なノウハウを学習することが可能です。

第1章 機能性表示の概要
第2章 機能性表示における機能性の範囲
第3章 機能性関与成分と定性・定量
第4章 RCT
第5章 SR
第6章 安全性
第7章 その他
第8章 機能性表示食品と広告と事後チェック指針
機能性表示マスター講座イメージ